MAIN MENU

戻る

About

大学院紹介

大学院紹介 大学院紹介

For patient safety and security

医療現場の安全を担う管理者や
看護分野のリーダーを育成する

新型コロナウイルス感染症のパンデミックは全世界で歴史を変えるほどの影響を及ぼし、社会の在り様自体を変化させるほどの猛威を振るっています。日本国内でも、医療崩壊の危機に直面しながらコロナと戦う最前線としての医療機関に対する期待と感謝の念が高まるとともに、院内感染の防止策など患者の安全を守るための様々な施策に注目が集まっています。
例えば医療機関における医療安全管理部門の設置、医療安全管理者、医療機器安全管理責任者、医薬品安全管理責任者、看護師の長としての管理者の配置などです。しかし、これらについての組織的な教育・研究制度はまだ十分には確立されていません。
滋慶医療科学大学大学院は、滋慶学園グループの教育理念「高い専門性と職業実践能力、豊かな人間性、そして国際社会に通用する能力の涵養」に基づいて、医療安全を担う人材を養成するために設立されました。本学の目的は、医療安全管理学及び医療安全管理学の領域としての医療経営管理学に関する職業および認定看護管理者に関する卓越した実践能力と研究能力を養うことです。医療安全管理領域の教育・研究体系を確立し、そのシステム構築を行い得るリーダーシップを持った人材を育成します。